ネットショップ用の商品撮影や撮影代行サービス

このカテゴリーの記事

売り上げに直結

商品撮影のテクニックはネットショップの売り上げに直結します。 このため、できるだけ魅力的に商材や商品を写真撮影する必要があります。 売り上げアップには商品撮影は重要です。

グルメやファッションの場合

特に、グルメやファッションの場合、写真の良し悪しが売り上げに大きく関わります。シズル感や流行感を出すのは素人には難しいかもしれません。

人気ショップは撮影代行サービスを利用することが多い

人気のあるネットショップの場合、商品撮影はプロのカメラマンが行うことが多くあります。 といっても、専属カメラマンを雇うわけではなく、商品撮影代行サービスがありますので、それを利用することになります。

自力で商品撮影のノウハウを身に着ける

零細ネットショップで、商品撮影代行サービスを利用するほど余力がない場合は、自力で商品撮影のノウハウを身に着ける必要があります。 一定レベルなら、それほど難しいものではないと思います。

デジカメ撮影のコツ

ナチュラルな感じを出すコツ

デジカメ撮影では、フラッシュは基本的に使いません。写真の奥行きや、ナチュラルな感じ、柔らかな雰囲気を出すには、フラッシュは不向きです。

簡易撮影ボックスと三脚

フラッシュを使わないとなると、明るい場所で撮影する必要があります。この場合、簡易撮影ボックスを利用するのが一般的です。 簡易撮影ボックスは手作りで製作可能です。 それでも、どうしても露光時間が長くなり、つまり手振れが発生しやすくなります。そのため、商品撮影には三脚が必要です。

光沢のある商品の場合

テカリ対策に、トレーシングペーパーを利用

プラスチックや金属など光沢のある商品の撮影の場合は、テカリ対策が必要です。 光源にトレーシングペーパーを使って、ナチュラルな光にして、落ち着いた仕上がりを狙う手法があります。

ダイソーなどで材料を購入

トレーシングペーパーなどは、100円ショップ「ザ・ダイソー」で材料を揃えられます。

レタッチソフト

PhotoshopやGimpなど

さて、デジカメで撮影した後は、レタッチソフトで修正することになります。 レタッチソフトというのは画像編集ソフトのことで、PhotoshopやGimpなどが有名です。 レタッチソフトによる修正は、ネットショップ用の商品写真ではごく一般的に行われます。

写真を自由に加工

レタッチソフトを使ってトリミングだけでなく、食品の場合は、彩度をアップして、おいしそうな雰囲気を出すこともできます。 また、明度やコントラストの調整で、写真を狙った仕上がりにしたり、背景をぼかしたり、合成もできます。 画像編集ソフトを使えば、いくらでも修正できますが、ほどほどにするのがおすすめです。

gimp

このカテゴリーの記事

このカテゴリーでは、ネットショップの新規立ち上げと商材の仕入れや事務作業などの大まかな流れを解説しています。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU

その他のカテゴリー

ppc PPC(リスティング)広告の攻略方法
seo SEO対策によるネットショップ集客
web広告 web広告の種類、料金、効果比較
ショッピングモール 楽天、ヤフーショッピングへの出店
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
ネットショップ用の商品撮影や撮影代行サービスなどについて解説しています。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.