SEO対策の仕組み

SEOの最も基本的な考え方

googleやyahooの検索結果ページを決定する最大の要素は、他のサイトから、どれだけリンクしてもらっているか(=被リンクの数)、という点です。人気サイトや話題のサイトには、ブログやニュースサイトなどからのリンクが多数集まります。

人気サイトを上位表示

いろんなサイトからたくさんのリンクしてもらっているサイトは価値のあるサイトだ、従って検索ページ上位に表示させよう、という考え方が、検索エンジンの基本になっています。

ナチュラルリンクと人為的リンク

被リンクには、ナチュラルリンクと人為的リンクがあります。他のサイトから自然な形で集まったリンクを「ナチュラルリンク」、自分で複数サイトを立ち上げて、そこから主サイトへリンクしたものを「人為的リンク」または「自演リンク」などと呼びます。

コンテンツの価値を高める、という考え方も

もう一つの考え方は、サイトのコンテンツを充実させたり整頓させることで価値を高め、Googleのクローラーが巡回しやすくしたり、他のサイトから自然な形でリンクが集まるようにサイトを修正しよう、という考え方です。

価値のあるコンテンツとは

価値のあるコンテンツとは、具体的に言えば、話題性や信頼性のあるコンテンツ、ユーザビリティを考えて整理されたナビゲーション、量や鮮度のある情報などです。

ウェブマスター向けガイドラインを参考にする

Googleが公表している「ウェブマスター向けガイドライン」に沿った形にサイトを修正することで、 Googleからの評価を高めよう、という考え方も有効です。

外部施策と内部施策

つまり、SEOとは、大雑把に言えば、価値のあるコンテンツを追加したり、 「ウェブマスター向けガイドライン」に沿った形にサイトを修正する「内部施策」と、 自分のサイトへのリンクを増やすことで自分のサイトの検索順位が上昇しやすくする「外部施策」の2つの手法に分類できます。

内部施策の具体的な手法

Googleが公表しているウェブマスター向けガイドラインによると、内部施策の具体的な手法は次のように要約されます。

このほかにも、Googleのクローラーにサイト情報を正確に伝達するための、hタグやstrongタグなどを利用した適切なマークアップもある程度効果的といわれます。

外部施策の手法

被リンクを増やす

外部施策の手法は、一言で言えば、自分のネットショップやホームページへの”被リンクを増やす”ということです。具体的に、どうやって被リンクを増やすかというと、主に次の方法があります。

推奨されていない方法

自分のサイトへのリンクを入れたツールを配布したり、自作自演のリンクをする方法は、あまり推奨されていない方法です。Googleに見破られたらペナルティの対象になります。SEOをあまり理解していない場合はリスクがありますので、手出ししないほうが無難です。

被リンク業者

この他にも、被リンクを提供している業者を利用するケースも良くあります。被リンク業者の利用は、Googleが好まない方針を明確に出しているため、オススメできません。こちらも手出ししないほうが無難です。

相互リンク

被リンクの数を増やすには相互リンクが近道

一般的には、被リンクの数を増やすために、サイト同士で相互リンクをするケースが多くあります。検索エンジンが発達していなかった頃は、リンク集のページをたどって”ネットサーフィン”を行ったものですが、現在では、リンク集がアクセスアップにつながるケースはあまりないようです。

ニュースサイト

つまり、相互リンクを積極的に行うのは、実質的にSEOが目的ということです。もっとも、ニュースサイトやまとめサイトなどでは、未だに相互リンクのアクセスアップ効果はあるようですが。

商用サイトの事情

商用サイトというのは、非商用サイトと比べると、他のサイトからリンクしてもらえるケースは意外と少ないものです。商材によっては、自然なナチュラルリンクの獲得がほとんど期待できないケースもあると思われます。そこで、被リンクを集めるために、同じジャンルのサイト同士で相互にリンクしあうケースがでてきますが、異なるジャンルのサイトとの相互リンクは逆効果になる可能性もあります。

過剰な相互リンクは要注意

もちろん、過剰な数の相互リンクや、自分のサイトと無関係なジャンルのサイトとの相互リンクなどは、スパム行為と検索エンジンから認定され、検索順位の下落につながるリスクがありますので、注意が必要です。

ソーシャルメディアの活用

商用サイトの被リンク集めについては、ツイッターやフェイスブック、はてなブックマークなどのソーシャルメディア を有効活用することもできます。ただ、こちらもやりすぎは禁物です。あくまでも、自然に獲得されたリンクであることが重要です。

スパムとは

検索順位の上位表示を目的とした、不自然で過剰なリンクの集め方を”スパム”と呼びます。検索エンジンの進化の歴史は、この”スパム”との闘いと言えます。検索エンジンにスパムと判断されると、ペナルティを発動され、検索順位が下がったり、検索結果から排除されるなどの結果になります。

リカバリーは難しい

スパムと判断され、検索順位が下がったりした場合、リカバリーは容易ではありません。場合によっては何ヶ月もかかることもあります。新しくドメインを取り直して、ホームページを作り直したほうが手っ取り早いこともあります。商用サイトの場合、そうなったら売り上げに直結するので、リスティングやアフィリエイトなどのWEB広告の併用が望ましいと言えます。サテライトサイトの作成も、ある程度効果的かもしれません。

このカテゴリーの記事

このカテゴリーでは、SEO対策のメリットとデメリットやSEO業者の利用の際の注意点、ソーシャルメディアの利用方法などについて解説しています。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU
ppc PPC(リスティング)広告の種類と比較
seo SEO対策によるネットショップへの集客
web広告 WEB広告の種類と効果の比較
ショッピングモール 楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート(カラーミー、ショップサーブ、メイクショップ)比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
SEO対策の仕組みと具体的な手法について解説しています。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.