SEO対策の現状

検索エンジン側はSEOを好まない

SEO対策は、ネットショップにとって重要な集客手段です。とはいえ、検索エンジン(この場合はGoogle)側から見ると、SEOは検索結果を意図的に歪曲するものという受け止め方をしがちです。

ペナルティを発動させて、SEOへの対処を強める

実際に、Google側は、SEOへの監視と対処を強めています。例えば、過剰なSEO手法に対しては、検索結果からの排除を行っています。検索結果からの排除は「ペナルティ」と呼ばれており、検索順位の軽度の下落からインデックス削除まで、いくつかの段階があります。

SEOへの取り締まり

アルゴリズムのアップデート

Googleが最近実施したSEOへの取り締まりは、2012年頃に、「ペンギン・アップデート」「パンダ・アップデート」と呼ばれる大規模なものがありました。「ペンギン・アップデート」「パンダ・アップデート」により、多くの商用サイトが検索順位を落とし、アクセス数や売り上げの減少になったようです。

目視や手動による対処も

アルゴリズムのアップデートは自動で行われますが、Googleの関係者による目視による監視や手動によるペナルティなどがあるといわれます。

リカバリーは難しい

一度検索順位が下落すると、リカバリーはなかなか容易ではありません。Googleガイドライン違反によるペナルティからのリカバリーの方法として、Googleにサイトの再審査リクエストすることもできますが、反応はあまり期待できないようです。サイトを新しく作り直したほうが早いケースも多いようです。

現状

このように、検索エンジン側はSEOを好まない方針ですが、多くのネットショップは、売り上げと検索エンジンからの集客が直結しているため、SEO対策に大きな労力を投入しているのが実情です。実際、成果につながりやすい有力なキーワードでは、上位に表示されているサイトのほとんどが、何らかの”意図的なSEO対策”を強力に施策しているのが現状です。

Googleのガイドライン

ネットショップ運営者は要チェック

そういう実情を受けて、GoogleではSEOに関するガイドラインを公表しています。 こちらのページは、ネットショップ運営者であれば、一度は通読しておきたい内容です。特に、SEO業者に作業を依頼する場合は、事前に理解しておくことをおすすめします。

このカテゴリーの記事

こちらのページでは、SEO対策のメリットとデメリット、具体的な手法、SEO業者の利用、 ツイッターやフェイスブックなどを利用した「ソーシャルメディア最適化」などについて解説しています。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU

ppc PPC(リスティング)広告の種類と比較
seo SEO対策によるネットショップへの集客
web広告 WEB広告の種類と効果の比較
ショッピングモール 楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート(カラーミー、ショップサーブ、メイクショップ)比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
SEO対策の現状について紹介しています。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.