時間(サイト運営期間)を味方に付ける

WEB広告ガイド

短期向きの手法は手出し無用

SEO対策には、長期にわたり中位に表示させる手法と、サイトやドメインはほとんど「使い捨て」と割り切って期間限定で上位表示させるための即効的な手法があります。これらは全くの別物といえます。後者は、場合によってはスパムとも呼べるものでしょう。

上位表示より集客の安定性

例えば、最近はターゲットキーワードを利用した日本語ドメインが有効といえますが、この手法は、どちらかというと期間限定で上位表示される手法に分類されますので、集客の安定性を考えるなら、手出し無用ではないかと思います。

リカバリーが難しい

期間限定で上位表示される手法の大きな問題は、Googleにスパムと判定されて順位を下げられたあとは、リカバリーがかなり難しいという点です。もっとも、短期的な即効手法を行う人は、リカバリーなど最初から考えていないかもしれませんが。

時間が経つほどに有利に

サイト運営期間や、更新回数を積み重ねる

長期に渡って、ある程度の順位で表示されるような手法のメリットは、時間が経つほどに有利になっていくという点です。時間というのは、サイト運営期間や、更新回数などのことです。

数年のスパンで上位表示を狙う

5年前は15位くらいで安定だったのが、地道に更新を重ねたおかげで、3年前に5位くらいで安定となり、最近では3位前後で安定するようになった、というような時間の経過を味方につけるような形で上昇させていくのが望ましいのではないかと思います。

当面は、別の手段で集客

とはいっても、10位以下ではさすがに有効な集客が見込めませんので、順位が上昇してくるまでの期間は、当面はPPC広告やアフィリエイト広告を利用したり、ショッピングモールに出店したり、またツイッターやフェイスブックを利用したりすることを考える必要があります。

大手に対抗するには

当ホームページのコンセプトは、資金力のない小規模ショップがどうやって大手に混じって集客を実現できるか、ということです。時間を味方に付けるというのは、とても有効な戦術です。サテライト・サイトを制作するという手法も有効です。

Googleのアルゴリズム

サイトの運用期間

GoogleのアルゴリズムはGoogleの担当者にしか分からない企業秘密ですが、管理人の敬虔上、運用期間が長いサイトのほうが、上位表示に有利となっているようです。もちろん、その間、コンテンツの更新やサイトのメンテナンスを行っていることが前庭です。

更新回数

おそらく、サイトが開設されてから、何回更新されたかをGoogleはチェックしているのではないかと思われます。

このカテゴリーの記事

こちらのページでは、ネットショップのSEO対策について解説しています。 メリットとデメリット、具体的な手法などについて詳細に説明しています。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU

ppc PPC(リスティング)広告の種類と比較
seo SEO対策によるネットショップへの集客
web広告 WEB広告の種類と効果の比較
ショッピングモール 楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート(カラーミー、ショップサーブ、メイクショップ)比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
ネットショップのSEO対策においては、時間を味方に付けることが有効です。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.