安定した集客のためのSEO対策

WEB広告ガイド

ネットショップのSEOは、順位よりも集客の安定性を重視!

SEO対策の目的は、言うまでもなく、狙ったキーワードでの上位表示です。しかし、ネットショップ運営においては、安定した集客も重要な要素になってきます。

SEOの弱点は集客の安定性

SEO対策を利用したネットショップ集客の最大の弱点が「集客の安定性」です。拙い手法では、Gooleがアルゴリズムを変えてくるたびに順位が変動して、集客が安定しません。ネットショップのSEOにおいては上位表示させることよりも安定した集客のほうを重視すべきだと管理人は考えています。

上位表示より、安定集客を重視

SEOのデメリットを補うには、リスティング広告への出稿があります。PPC広告とSEOの組み合わせによって、ある程度の安定性を確保することはできます。いずれにせよ、ネットショップのSEOにおいては上位表示させることよりも、安定した集客のほうを重視すべきだと管理人は考えています。

長期運用をするなら、SEOは最小限に

同じサイトあるいは同じドメインで、長期運用をする予定なら、SEOの「外部施策」は最小限にすることをおすすめします。というのは、SEOを過剰に施策して、Googleからペナルティを受けると、リカバリーが難しいためです。「内部施策」については、Googleのガイドラインに沿う形でなら、しっかりやればよいと思います。

Gooleの動向に振り回されないためには

変化を続ける検索エンジン

SEOを利用したネットショップ集客を、管理人は2007年頃からやっていますが、 その間に、SEOを取り巻く環境の変化がたくさんありました。その中でも、基本的に変わらない点もいくつかあります。

通用しなくなった手法も

例えば、Yahoo! Japanはかつて独自エンジンを採用していました。Yahoo!独自エンジンのアルゴリズムといえば、ブログを上位表示させないようにしたり、スパムに弱かったりといった特長がありました。その独自エンジンもGoogleに切り替わり、Yahoo!に通用した手法は、現在では使えなくなりました。

アルゴリズムの大きな変動

Googleも、「パンダ・アップデート」や「ペンギン・アップデート」といったアルゴリズムの大きな変動を繰り返しており、有効とされる手法も変わってきています。

有効とされる手法も変わる

例えば、2010年頃までは、被リンクをひたすら増やす力技が通用したようですが、現在はスパム判定をされるようです。もっとも、長年にわたり通用するノウハウもあります。

長年にわたり通用するノウハウとは

こうした流れの中で、一貫して通用するノウハウといえば、よく言われるように、

といった、Googleのガイドラインに書いてあるような王道的手法です。長期間にわたり安定して上位表示されているサイトは、コンテンツに力を入れているところがほとんどです。

攻略法

資本力のあるネットショップが有利

しかし、それでは、やはり資本力のあるネットショップが有利で、小規模ショップにとっては身も蓋もない、と思われるかもしれません。 良質なオリジナルコンテンツを作成したり、良質な被リンクを獲得したりするには、それなりの手間やコストがかかります。

小規模ネットショップのSEO

しかし、攻略法もないわけではありません。というわけで、小規模ネットショップのSEOに有効な考え方を、2つほどご紹介します。

このカテゴリーの記事

こちらのページでは、SEO対策のメリットとデメリット、具体的な手法、SEO業者の利用、ツイッターやフェイスブックなどを利用した「ソーシャルメディア最適化」などについて解説しています。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU

ppc PPC(リスティング)広告の種類と比較
seo SEO対策によるネットショップへの集客
web広告 WEB広告の種類と効果の比較
ショッピングモール 楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート(カラーミー、ショップサーブ、メイクショップ)比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
ネットショップのSEO対策における安定集客の重要性について解説しています。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.