楽天市場への影響は?

eコマース革命

2013年11月に、Yahoo!ショッピングとヤフオクの出店・出品が無料化になり、その後の影響が注目されました。 2014年に入り、決算資料が出たことで、Yahoo!側がしかけた「eコマース革命」が楽天市場に対してどんな影響があったのかを見ることができます。

売り上げへの影響

前年同期比で、1店舗あたりの流通総額も、ユニーク購入者数、注文件数も増加しています。1店舗あたりの流通総額に関しては、前年同期比で28%もの増加を示しています。

売り上げ増加の理由

売り上げの増加の理由は、消費税増税の駆け込み需要もあったかもしれません。少なくとも、Yahoo!ショッピング無料化によるマイナスの影響はなかったようです。

楽天市場の出店数への影響

前四半期と比べると、微減しているようです。ここに多少の影響が見られます。ただ、Yahoo!ショッピングの出店数が同時期に20000店舗から134000店舗にまで急に増えていることを考えると、かなり根強い出店需要があるようです。

質の向上を図る

それに、資料からは、楽天側がネットショップの出店審査を厳しくしたり、質の向上を図っている様子も伺えます。

増税の影響

2014年Q1と2014年Q2の内容を比較すると、Yahoo!ショッピング無料化よりも、消費税増税の影響の方が大きかった様子が見て取れます。特に高額商品への売れ行きに影響がでています。

影響が少なかった理由

影響は想像以上に少ない

Yahoo!ショッピング無料化のニュースを見たとき、出店数や売り上げなど、楽天市場に大きな影響がでるのではないか、と管理人も思いました。しかし、IR資料を見る限り、Yahoo!ショッピング無料化の影響は想像以上に少ないようです。

楽天市場の「売る力」が魅力

これは、一つには、店舗あたりの月商が300万円以上という楽天市場の「売る力」が出店側には魅力だからではないでしょうか。ネットショップ運営者としては、より売れる市場があればそこに出店したいと考えるのが当然です。楽天市場は、現在でも、もっとも活気のある場所の一つです。

ユーザーにとっては変化なし

もう一つの理由は、ユーザーにとっては、ショッピングモールや出店側の事情はあまり関係のない話だからかもしれません。

楽天ポイントの使い勝手の良さ

楽天ポイントの使い勝手の良さもまた、楽天市場の人気の理由です。実店舗でも使える電子マネーの楽天edyや、格安SIMサービスの楽天モバイルのユーザーが非常に増えているという点も、楽天ポイントの使い勝手の良さの一因となっています。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU

このカテゴリーの記事

大手ショッピングモールのYahoo!ショップへの出店についての概要を紹介しています。

楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較

├ Yahooショッピングへの出店費用が無料

  ├ 楽天市場への影響は?

  └ 申し込みから開店審査までの流れ

├ ショッピングモールの一覧

  └ DeNAショッピングとauショッピングモールが統合してWowma(ワウマ)に

├ 楽天市場の出店料金と初期費用

├ 楽天出店に失敗しないための注意点

├ 自前の自社サイトかショッピングモール(楽天)出店か

├ 楽天市場への出店プランの選び方

├ 楽天市場への出店の申し込み、審査、資料請求など

└ ネットショップ、ECサイトの市場規模調査

その他のカテゴリー

ppc PPC(リスティング)広告の種類と比較
seo SEO対策によるネットショップへの集客
web広告 WEB広告の種類と効果の比較
ショッピングモール 楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート(カラーミー、ショップサーブ、メイクショップ)比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
Yahooショッピングの出店費用無料化の楽天市場への影響についての記事です。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.