ネットショッピングの市場規模

今後も高い成長が続くと予測される

楽天の2010年のIR資料によりますと、 日本国内のネットショッピングの市場規模は今後も増加していくとありました。 というのは、全ネットユーザーのうち、ネットショッピングを利用するのは1/3以下だそうです。このため、「国内ECは依然、潜在的な高成長市場」と書いてありました。

増加を続けている

この記事を書いたのは2010年と古いのですが、2014年のIR資料を見ると、楽天市場の出店数や流通総額は、2010年からさらに増加を続けています。

スマートフォンの普及も後押し

docomo、au、softbankの携帯電話大手3社は、今後リリースするモバイル端末はスマートフォンにシフトしていくとのことで、 今後はスマートフォンによるウェブ閲覧が増加します。スマートフォンを持つことでネット通販を利用するようになる携帯電話ユーザーも多いことが予想されます。

PC経由の売り上げは伸び悩み

実際、楽天やYahoo!のIR資料を見ると、PC経由の売り上げは伸び悩み傾向にありますが、スマホ経由の売り上げは、2014年になっても増加を続けていることが見て取れます。

追記:2017年現在の状況

このページの記事は2014年時点のものです。2017年現在の状況では、スマホの普及がさらに進んでいます。ネット通販の流通総額も伸びています。スマホは、格安SIMの増加もあり、さらに普及が進むと思われます。2017年現在では、すでにスマホでの購入がPCよりも多いショップが大半ではないかと思われます。

EC市場についての雑感

予想以上に成長

このページを作成したのは2010年のことですが、正直なところ、当時はここまでスマホが普及するとは予想できませんでした。また、ネットの物販もそろそろ頭打ちになるのではないか、とも思っておりました。しかし、2014年現在、EC市場はさらに拡大しています。個人の印象はあまりアテにはならないものだと思いました。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU

このカテゴリーの記事

楽天市場やYahoo!ショップへの出店費用やランニングコスト、サービス内容の比較です。ショッピングモールへの出店と自社運営サイトの立ち上げとの比較や、ショッピングモール出店の際の注意点などもご紹介しています。

楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較

├ Yahooショッピングへの出店費用が無料

  ├ 楽天市場への影響は?

  └ 申し込みから開店審査までの流れ

├ ショッピングモールの一覧

  └ DeNAショッピングとauショッピングモールが統合してWowma(ワウマ)に

├ 楽天市場の出店料金と初期費用

├ 楽天出店に失敗しないための注意点

├ 自前の自社サイトかショッピングモール(楽天)出店か

├ 楽天市場への出店プランの選び方

├ 楽天市場への出店の申し込み、審査、資料請求など

└ ネットショップ、ECサイトの市場規模調査

関連リンク集

├ 楽天市場への出店、開業

├ Yahoo!ショッピングへの出店

└ DeNA決算説明会資料

その他のカテゴリー

ppc PPC(リスティング)広告の種類と比較
seo SEO対策によるネットショップへの集客
web広告 WEB広告の種類と効果の比較
ショッピングモール 楽天市場、Yahoo!ショップの出店比較
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート(カラーミー、ショップサーブ、メイクショップ)比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
ネットショップやECサイトの市場規模調査に関するページです。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.