利用形態にあったカートを選ぶ

基本構成は、「ランディングページ」 + 「レンタルカート」

一般的に、ネットショップは「商品紹介用ページ」 +「決済用のレンタルカート」の2つの部分から成り立っています。 商品紹介用ページは、ランディングページとも呼びます。

レンタルカートだけでも開店できる

ショッピングカートは、ランディングページとは別に用意することが多いですが、予算の関係で商品紹介用ページを作成できない場合などは、「決済用のレンタルカート」の部分だけで開店させることも可能です。例えばカラーミーショップだけ利用すれば開店・運営が可能です。

ショッピングサイトの構成

レンタルカートそのものをネットショップ本体にする場合

開店の形態 レンタルカートを借りるだけで開店。 レンタルサーバにカートCGI(ASP)を自分でインストールして開店。
メリット お手軽&格安で開店できる。 カスタマイズが自由にできる。費用はサーバ代だけ。
デメリット 商品紹介ページがないと、SEOや広告戦略、商品紹介がやや窮屈になる。 SEOや広告戦略、商品紹介がやや窮屈に。サーバを借りてインストールしたり、CGI/PHPなどのプログラムをカスタマイズするスキルが必要。
おすすめのレンタルカート カラーミーショップ
ショップサーブ
メイクショップ
e-shop
エクスカート

商品紹介ページ部分とレンタルカート部分を分けたい場合

開店の形態 レンタルカートを借りて、ホームページは別に用意して開店。 レンタルサーバにカートCGIを自分でインストールする。
メリット 自由度が高いのでSEOや広告戦略に強い。カード決済のお得なプランあり。 SEOや広告戦略に強い。最も手間がかかるが、カスタマイズが最も自由にできる。
デメリット 別途で商品紹介用のホームページを制作する必要あり。 別途で商品紹介用のホームページを制作する必要あり。カスタマイズのスキルが必要。
おすすめのレンタルカート カラーミーショップ
ショップサーブ
メイクショップ
e-shop
エクスカート

管理人の場合

管理人の場合、商品紹介用のページは自前で用意しレンタルカートはカラーミーショップを利用して運営しています。 このやり方が一番コストパフォーマンスが良いようです。

集客は基本的に自力

ランニングコストを抑えるために、楽天市場などに出店せずに、格安のレンタルショッピングカートを利用する場合、最大の課題となるのが集客です。集客は、基本的に自力で行う必要があります。

SEOとリスティング広告の2本柱

具体的には、SEOとリスティング広告の2本柱を用いて、検索エンジンからの集客を行います。ある程度の勉強が必要になります。当サイトでは、SEOとリスティング広告について、徹底的に解説していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。ちなみに、SEOとリスティング広告による集客をSEM(サーチエンジンマーケティング)と呼んでいます。

SMO(ソーシャルメディア最適化)

フェイスブックやツイッター、ブログなどソーシャルメディアを利用した集客はSMO(ソーシャルメディア最適化)と呼びます。SMOは最近よくピックアップされていますが、実際のところは、あまり効率が良くないので、最初はおすすめしません。

WEB広告ガイド(当サイト)のMENU

「カラーミーショップ」、「ショップサーブ」、「メイクショップ」の3大格安ショッピングカートの比較です。 月額1,000円で運営する独自ドメイン付きネットショップの紹介なども行っています。

このカテゴリーの記事

格安ショッピングカート(カラーミー、ショップサーブ、メイクショップ)比較

├ 独自ドメイン付きの激安ショッピングカート

├ レンタルカートの選び方

└ 費用、カード決済料金の比較

 └ ショッピングカートの集客力や集客方法について

その他のカテゴリー

ppc PPC(リスティング)広告の攻略方法
seo SEO対策によるネットショップ集客
web広告 web広告の種類、料金、効果比較
ショッピングモール 楽天、ヤフーショッピングへの出店
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
利用形態にあったレンタルカート(ショッピングカート)の選び方をご紹介しています。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.