ネット広告戦略(SEM)を考える

ネットショップ集客の柱は検索エンジン

ネット広告を利用した集客戦略は、商材の形態やショッピングサイトの規模などによって異なってきます。 近年ではスマホやタブレットの普及もあります。ツイッターやフェイスブックなどのSNSサービスも流行です。 とはいえ、小規模の無名ネットショップの場合は、集客の中心になるのは、昔も今も、YahooやGoogleなどの検索エンジンです。

まずは「PPC広告」と「SEO対策」の2本柱に絞る

小規模の無名ネットショップの場合は、検索エンジンを利用した集客手法はPPC広告(リスティング広告)SEO対策の2本柱から成ります。 PPC広告には「検索連動型(キーワード広告)」と「コンテンツマッチ型」の2つのタイプがありますが、ここでは前者を指します。基本的に、中小規模の無名ショップの場合、 集客に関する予算や労力の配分は、PPC広告とSEO対策の2つに絞れば良いと言えます。PPC広告は、Yahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズの二つが主なサービスです。

PPC広告とSEO それぞれのメリットとデメリット

即効性・安定性はあるが、費用のかかるPPC広告

PPC広告(リスティング広告、検索連動型またはキーワード広告とも呼ぶ)の最大のメリットは、素早く、かつ安定した集客を行える点です。 デメリットといえば、集客に費用がかかるため、薄利多売のビジネスには不向きであることや、大規模な露出ができないことなどです。また、お客さんはサイト管理者が意図しないようなキーワードで検索することが多いのですが、PPC広告の場合は、設定したキーワード以外での集客が基本的にできないため、そうした多様なキーワードを捕まえることは苦手です(※「部分一致」を使いこなすことで、ある程度捕まえることは可能ですが、その分、成約率が落ちます)。

時間がかかり、安定性はないが、集客力のあるSEO対策

SEO対策の最大のメリットは、基本的に無料で集客を行える点と、意図しないようなキーワードも含めて、検索エンジンから幅広く集客できる点です。 デメリットといえば、検索エンジンの動向に影響されるため、安定した集客が難しいことや、 高単価が見込めるジャンルによっては、ライバルサイトとの競争が厳しく、ある程度の専門知識が必要になる点です。

併用するのがベスト

こうした特長を考えると、Yahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズなどのPPC広告(検索連動型)とSEO対策を上手く併用することが、最適な集客方法と言えます。管理人は2007年頃からネットショップ運営をやっていますが、ショップ開設から現在まで、この2本柱で集客を行っています。

検索エンジンマーケティング(SEM)の定石

基本は、安定性のあるPPC広告

ショップ運営には安定した集客が不可欠ですので、上記の2つのうち、どちらが有利かというと、 やはり即効性と安定性にすぐれたPPC広告(検索連動型)と言えます。 つまり、Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチなど、検索連動型のPPC広告を主軸として、SEO対策をうまく利用していく、というのが検索エンジンマーケティング(SEM)の基本です。 なぜならSEO対策だけですと、確かに広告費はかかりませんが、検索エンジンの動向に集客が左右されがちになるからです。

PPC広告で成約率の高いキーワードを探して、SEO対策を行う

検索エンジンマーケティング戦略の定石としては、ネットショップを出店したら、まずはPPC広告で集客しつつ、成約率の高いキーワードを探して、 そのキーワードに対してSEO対策を実施していきます。 なぜその順序になるかというと、SEO対策は、効果がでるまで数ヶ月という時間と、それなりの手間がかかるため、事前にキーワード選定をしっかり行う必要があるためです。

Yahoo!プロモーション広告とGoogleアドワーズ

圧倒的なコンバージョン(成約率)の高さの「スポンサードサーチ」と「アドワーズ」

管理人のショップでも、Yahooリスティング広告(2013年現在は、Yahoo!プロモーション広告に改称)の「スポンサードサーチ」と「SEO対策」を併用しています。とくに、Yahoo!のスポンサードサーチは、2007年にショップを開店して以来、 安定した集客力と高いコンバージョン(成約率)を継続的に出しています。SEOによる集客は、検索エンジンの動向に大きく影響されるため、やはりスポンサードサーチやGoogleアドワーズの導入で安定集客をはかりたいところです。運用は、ネット広告の初心者でも簡単にできるようになっています。

売れる商材を「よりたくさん売る」ための次のステップ

他者が運営するWEBサイトに広告を配信

PPC広告とSEO対策の運用を行っても、まだ予算に余裕がある場合や、商材に自信があり、さらなる集客を行いたい場合は、成果報酬型のアフィリエイト出稿を検討すると良いと思います。 これらの広告手法を利用する目的は、売りにくい商材を売るためというよりも、「売れる商材をよりたくさん売る」、「成功を加速させる」ためといえます。

ツイッターやフェイスブック

ツイッターやフェイスブックは、アクセスアップそのものには効果が期待できます。 しかし、それを購入やコンバージョンにつなげるには、それなりの工夫が必要になってきます。

ネット広告ガイド(当サイト)のMENU

このカテゴリーの記事

このページでは、WEB広告の種類や、料金、費用対効果、コンバージョンレートなどの比較をしています。 中小規模のネットショップにおすすめの広告戦略の紹介もしています。

WEB広告の種類と効果の比較

├ 集客戦略はPPC広告とSEO対策の組み合わせがオススメ

├ ブログ記事作成代行や外注サービス(クラウドソーシング)

├ 有料ディレクトリ登録サービスの比較

└ アフィリエイト出稿料金と費用対効果

 ├ ネット広告の料金、費用

 └ 格安・激安価格で配信できるネット広告

その他のカテゴリー

ppc PPC広告(ヤフー検索広告)の攻略方法
seo SEO対策によるネットショップ集客
web広告 ネット広告の種類と効果の比較
ショッピングモール 楽天、ヤフーショッピングへの出店
無料HP ネットショップを無料で作成、開設
カート比較 格安ショッピングカート比較

WEB広告ガイドのTOPページ

├ 運営者情報

└ サイトマップ

更新情報

Page Top ↑
PPC広告とSEO対策の組み合わせによる集客戦略のご紹介をしています。
Copyright (C) WEB広告ガイド sem-guide.net All Rights Reserved.